トレジャーリサーチにまつわるバックエンド商法の噂を検証しました!

トレジャーリサーチにまつわるバックエンド商法の噂を検証しました!

トレジャーリサーチにバックエンド商材の噂

トレジャリサーチは今最も勢いのある副業の一つです。

自分の稼ぎたい好きな額を稼ぐことのできるこの副業は自分の時間を少しでも確保したい現代人にとってまさに理想の副業と呼べるのではないでしょうか。

そんなトレジャリサーチが流行するにつれ、「バックエンド商法の悪質商材なのではないか?」とトレジャリサーチ疑う声が耳に入ってくるようになりました。

トレジャリサーチは2万円と、情報商材としては決して高くはありません。
ですがこの噂が真実なのだとしたら、裏には高額のバックエンド商品が控えていることになりますので話は大きく変わってくるでしょう。

この記事ではバックエンド商法のことを知らない人でもわかるように、この噂について検証させていただきます。

疑惑のバックエンド商法とは?

バックエンド商法というのはフロントエンドと呼ばれる顧客が買い求めやすい安価な商品を前面に押し出し、興味を持ってもらったところで販売元が本当に売りたいバックエンド商品を提示するという商法になります。

バックエンド商法を利用している企業や商品は私達のとても身近なところに存在しています。
カラオケ、コンビニ、ファストフード店、バックエンド商法という言葉は知らなくても日常的にバックエンド商法が利用された商品を私達は知らず知らずの内に購入しているのです。

このバックエンド商法、違法性はまるでないのですが、実は販売元次第では悪い使い方もできるマーケティング手法なのです。

バックエンド商法はなぜ嫌われるのか?

バックエンド商法は情報商材の世界ではひどく嫌われています。
フロントエンド自体が高額で且つ価値のないものが多く、それだけにとどまらずその裏にはさらに高額なバックエンドが控えているケースが多いためです。

それでは「トレジャーリサーチがバックエンド商法の悪質商材なのではないか?」という噂は正しいのでしょうか。これについては半分正しく半分誤りだと判断するのが適切です。

トレジャーリサーチにバックエンド商法が用いられているというのは正しく、フロントエンドとしてパンフレットが、そしてバックエンドとして2万円のトレジャーリサーチの本体が用意されています。これはトレジャーリサーチのサイトからも確認できる”公開された情報”です。

しかしトレジャーリサーチが悪質な商材だというのは誤りです。
トレジャーリサーチには高額なバックエンドは控えておらず、またフロントエンドのパンフレットはLINEの友達登録で手に入るため非常に手軽に入手することができます。

トレジャーリサーチにはバックエンド商法が用いられてはいますが、一般的な商法枠組みからは決して逸脱してはいないと断言することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA